はじめてのフランスでの生活・・・・何が起こるのでしょうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

コメントを閉じる▲
先日書いた続編です。

それから、不安の残るまま会社に行きました。

迎えに来た上司に早速話しました。(車をまだ買っていないので、毎日上司に送り迎えをしてもらっているのです・・)

上司「状況見てあげようか?」
私「部屋の中は全てチェックしました。でもダメでした・・」
上司「じゃあ、張り紙のしてあった、管理会社に連絡してみるね」

その後、上司と管理会社のやりとりの概要は・・・

「管理会社もよくわからないから、バカンス中の管理人に連絡取ってみる。午前中に折り返し電話する」
とのこと。・・・あまり頼りになりません・・・管理会社!

上司は今日は忙しいので、オフィスが同室の同僚Aに、この件は引き継いて、同僚Aのところに電話が来るそうです。

でも12時になっても、2時になっても、電話は来ません。
なので、同僚Aにお願いして、もう一度管理会社に電話してもらいます。

管理会社曰く、
「パネルの鍵の場所を聞いて、管理会社が行くとすると、今日は無理かもしれませんね・・・・
この時点で、もう午後4時。たかがブレーカー一つです。

え!今日も真っ暗なの!暖房も冷蔵庫もダメなの!?
・・・頼りになりません。管理会社・・・・・・

早速同僚Aと作戦会議です。エンジニア同士ですから、もちろん話は、
「鍵をムリヤリ開ける方法!!」です。

みえずらいですが、左右2箇所でトルクスで留まっています。

>簡単な構造なはずだから、針金曲げたみたいなもので開かないかな?
・・・でも、鍵穴が◯の形状なのが不思議なところです。

>鍵自体がトルクスネジで止めて有るだけだから、会社から持っていって鍵ごと外すか?
などと、ホワイトボードに書きながらディスカッションです。



早速、武器を集め、鍵と格闘する準備を整えます。

そんな時に電話が同僚Aのところに、管理会社から、
「この建物のメンテナンスをお願いしている人に連絡取ってみてください・・・」との連絡が。

早速同僚Aが電話をかけると、彼はアパートの近くに住んでいて、すぐ対応してくれるとのことでした。
10分後・・・「直ったみたいです!」

え・・・・速いな。

対応悪いんだか良いんだか、よくわからないフランスです。
一つ確かなのは、組織で仕事していなくて、個人で仕事しているということ。
メンテナンスの彼がいなかったら、下手すると数日真っ暗闇だったかもしれません。
本では読みましたが、それを実感した出来事でした。

でも何とか一日で直って良かった~♪

最後に、
教訓:非常用懐中電灯はLEDにすべし!
早速週末に購入しました。

スポンサーサイト

【2009/12/27 19:47】 | 未分類
トラックバック(0) |

ヒカリモノ、
APACHE@出社最終日♪
相変わらず好きだねぇ…。

No title
なべ
フランスへ行ってもやっていることは変わらないねぇ
他人事なので、見ていると楽しそうな日々で、blogの更新が楽しみです。

No title
tokkoh
そういう結末でしたか・・・いやはや。

そういえば、某デザイナーのS氏もフランス帰国後
たかがネットつなぐのに、2ヶ月近くかかっていたけど、
あれはイレギュラーなのではないことがよくわかりました。

ではでは、来年は、停電など無い、「明るい年」が
来ますように。

よいお年を!

This is France!
あ・あ・あ・い・う・え・お~の人より
明けましておめでとうございます。

出張で、フランスに滞在中、
事有るごとに、タイトルのフレーズを言われて慰められました。
お気楽に行きましょう~。

コメントを閉じる▲
例のドリルみたいなロマネスコ、日本で目撃情報が相次いでおります。
目撃情報ありがとうございました。

日本特派員?ボルドーワインさんから。
伊勢丹で目撃されたようです。写真も送っていただきました。
え?東京都産なんですか?
これが、畑に沢山生えている姿を想像すると・・・かなりスゴいことになってるでしょ。きっと。



日本では「ロマネスク」なんですね。

同じくKさんから、目撃情報です。
三鷹の八百屋で発見されたようです。

「とんがりくん」だか「どりるくん」だか、和名?がつけられていました。
ということです。

やはり見た目のイメージは強烈ですよね。

引き続き目撃情報お待ちしております~

【2009/12/24 06:44】 | 未分類
トラックバック(0) |

葛飾区ワイルド番地には
APACHE
在りませぬ・・・。
送れ♪

コメントを閉じる▲
同僚と一緒にラクレットを食べに行ってきました。

ラクレットってなんでしょ?
フォンデュみたいなものらしいけど、溶かしたチーズをポテトなどに乗せて食べるらしい。
ウマそう+高カロリーな食べ物らしい。

バーで一杯飲んでからラクレット屋さんに。



オーダーすると、まずポテト、生ハム、サラミ、パンが運ばれてきました。

その後チーズが・・・


▲の形のチーズの両サイドにヒーターが付いていて、チーズを溶かします。
これで4人分です。結構な量です。




溶けたチーズを、スプーンですくって、ポテトやハムの上にかけます。
どんどんチーズが小さくなっていき、我々のお腹はどんどん膨れていきます。




ふぅ~~結局全部食べました~
ワインとのマッチングも良く、楽しく、美味しく頂きました。

家庭用では、↓のような機械も電気屋で売っています。

鉄板を囲んで、という文化は、日本でいうとお好み焼きみたいな雰囲気ですよね。

FC2blog テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2009/12/21 05:00】 | フランスの食べ物
トラックバック(0) |

コメントを閉じる▲
今週の中頃のこと・・・

夜中にiPhoneを充電しようと、充電器をコンセントに差したところ・・・

「バチッ」
と小さな音がして・・

真っ暗に・・・・

どうもブレーカーが落ちたようです。スイッチング電源のせいで、たまに「バチ」っと音はしますが、
ブレーカーが落ちるような電流は流れないと思うのですが・・・

急いで懐中電灯を探して、ブレーカーのところに・・・

(実際には、懐中電灯のみの明かりです・・)
どこも異常は無いようですが、一旦全ての電源を切って、もう一度入れてみます。

回復しません
もう一度・・・だめです。
だめです。ぇ~~~~~~!

多分、部屋の外のブレーカーが落ちたようです。
では、外に出てブレーカーを上げようとすると・・・配電盤に・・・

鍵がかかってるようです・・

暖房も切れ、寒いし、仕方がなく、その夜はふて寝です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の朝・・・起床・・・・しました。
依然として真っ暗闇です。
実はこの部屋の窓、外に雨戸のようなシャッターが付いていて、


それは電動なんです!
停電だと、窓も開きません。朝にも関わらず、真っ暗闇継続です。

早速管理人に話そうと思い一階の管理人事務所に・・
すると・・・
「バカンスに行ってますので、***に連絡を・・」
という張り紙が・・

え???!
続く・・・


【2009/12/19 04:41】 | サンテティエンヌ生活
トラックバック(1) |

No title
tokkoh
うぉ、それは大変。。。
続きが気になる・・・

No title
あ・あ・あ・い・う・え・お~の人
続きが気に成るぞぉ~。

コメントを閉じる▲
サンテティエンヌにも初雪が降りました。
朝起きると、雪景色。冬だなぁと実感が湧いてきます。



街にはサンタが出現!



なんかへんじゃありません?このサンタ。
ローラーブレード履いているんです。

3人だけかと思ったら、続々と、街のメインストリートを通過していきましたとさ。
街はクリスマス一色です。


【2009/12/14 02:00】 | サンテティエンヌ生活
トラックバック(0) |

コメントを閉じる▲
なんかキャベツ類ばっかり書いている気がしますが・・・
「フランスの野菜、キャベツ」で気になっていた、ドリル状のキャベツの仲間、シューロマネスコ。

先週のマルシェで、好奇心に負け、購入!
↓こんな感じです。


触った感じは、少しトゲトゲしたブロッコリーって感じでしょうかね。

↓大きさはこんなかんじ。


多分ブロッコリーと同じような感じなので、とりあえず、塩を入れてレンジでチン。



どれどれ、味見を・・ふむふむ・・・
個性的な外観の割には普通です。
ブロッコリー系ですが、少しアスパラのような感じもあり、癖は少なくおいしいです。
食感は、ドリルのトゲトゲが独特の食感を生み出しています。

さて、夕食を作ろうと思っていて、カレー粉を買ってきたので、鶏肉につけて焼いてみよう、と思っていました。
あと、このシューロマネスコをどうするか・・・ご飯炊くの面倒だなぁ・・・

と思っていて、ヒラメキました!ニューレシピ誕生?

フランス料理風に書くと、

「鶏むね肉のスパゲッティー、タンドリーチキン風、ブロッコリーとシューロマネスコ添え」

Poulet Spaghetti, Tandoori de style, de même que le brocoli et le chou romanesco (google翻訳)



あるものを全部入れただけじゃないか!というご批判はさておき、
味はナカナカのものでしたよ・・と自画自賛。



FC2blog テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2009/12/05 20:28】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
以前こちらで書きました、キャベツ。

結局購入したのは良いのですが、かなりの難物です。



見るから硬そうです。
切ってみたのですが、「サクっと」切れる日本のキャベツとは違って、かなり切るのにも力がいります。

細く刻んで、サラダにしてみようと思ったのですが・・・

無理!硬すぎ!

スープに入れようと、煮込んだんですが・・・全然柔らかくなりません。
10分後・・・普通の日本のキャベツならしんなりして美味しいのですが、
30分後・・・まだしんなりしません。
1時間後・・・何とか食べられる硬さに。

でも食感は少しザラザラ感があります。

ポトフとかにして、長時間煮込んでも型くずれしなさそうですので、私の中では、
「煮込み専用キャベツ」
とすることにしました。








FC2blog テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2009/12/05 20:03】 | フランスの食べ物
トラックバック(0) |

No title
ボルドーワイン
春になるとちょこっと柔らかな春キャベツが出るようですよ。
後は、中華食材屋とかで柔らかいのを探すようですな。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。